配属を希望する方へ

藤原研究室では炎を利用したナノ材料の合成法に関する研究を行っています。

安全の観点から夜遅くや休みの日には出来る限り実験を行わず、平日の10時から17~18時くらいを目安に研究を行っています。コアタイムは特に設定していませんので、常識の範囲内でアルバイトをする学生もいます。

藤原研では研究成果を積極的に外部(学会等)へ発表していきます。特に、修士課程の学生は、複数の国内学会で発表し、最終的に国際学会での発表を目標としています。そのためには既存の研究について知ること、つまり論文を読むことが必須となります。多くの論文は英語で書かれているため、英語力が必須となります。初めのうちは数ページの英語論文を読むのに長時間がかかるかもしれませんが、根気強く頑張れる学生の方を歓迎します。

また希望するれば、国内外の大学や研究所で研究をする機会もあります。

興味のある方は気軽に研究室までお越しください。質問は教員や学生が部屋に居れば常時対応しますが、アポを取っていただけるとより確実に対応可能です。